性格が悪くても辺境開拓できますうぅ!【おすすめ なろう小説】

性格が悪くても辺境開拓できますうぅ!
作者 エノキスルメ

エイン・アールクヴィストは性格がひねくれている。大貴族の妾の子として生まれ、成人するとともに辺境の領地と底辺爵位を押しつけられて実家との縁を切られた彼は考えた。あのクソ親のように卑劣で空虚な人間にはなりたくないと。たくさんの愛に包まれた幸福な人生を送りたいと。そのためにノエインは決意した。誰もが褒め称える理想的な領主貴族になろうと。領民から愛されるために、領民を愛し慈しもう。隣人領主たちと友好を結び、共存共栄を目指し、自身の幸福のために利用しよう。これはちょっぴり歪んだ気質を持つ青年が、自分なりに幸福になろうと人生を進む物語。
小説家になろう

内容

最近なろうのランキングから見つけた作品でまだ途中までしか読んでいませんが、
大貴族の辺境追放から奴隷メイドと一緒に領地を発展させていくという
一昔前のテンプレ満載と軽くざまぁをくっつけたまあよくある設定です。
ですがなぜか読めてしまうのがこの作品の不思議なところ、テンプレを避けてきたためか逆に新鮮になったのだろうか…いやきっと作品が面白いのだろう。読んでみて下さい。

キーワード

R15 残酷な描写あり  開拓 内政 現地主人公 追放 スローライフ 領主 成り上がり 奴隷ヒロイン 西洋 剣と魔法 領地経営

ジャンル

ハイファンタジー〔ファンタジー〕

文字数

726,500文字

おじさん通信簿

おすすめ  ★★★☆☆
ストーリー ★★★☆☆
キャラ   ★★☆☆☆
性格    ★★★☆☆
無双    ★★☆☆☆

評価

タイトルからよっぽど性格悪いのかと思いきや別にそうでもないという不思議。
作品は普通に面白いと思います。皮肉ではありません。

スポンサーリンク

コメント