70%OFF!はじめてのKindle本の購入に使えるクーポン

名作なろう小説【短編中編10選】おすすめまとめスコップ⑩

スポンサーリンク
スポンサーリンク

園丁の王

十二歳で故郷を飛び出し十六年戦場を渡り歩いた傭兵オルソは、戦に倦み、平和な稼業に就くべく母国へ舞い戻った。庭師になることを希望し役所の窓口へ並んだところ、手違いが重なり幸か不幸か現在王の大宮苑造営を総括する天才造園家の元へ弟子入りすることになる。造園家グラーブは暗い男で通常連想する庭師からかけ離れた人物であり、かつ彼は造園家であるだけではなく……根暗な造園家と物怖じしない元傭兵の弟子が交流する物語です。若干イタリア風味の中世~近世ファンタジー。過去この作品名・作者名で同人誌にしたものを掲載しています。キーワードに指定しましたが伝奇・時代小説からは逸脱しているかもしれません。その旨ご了承ください。

小説家になろう

園丁の王

文字数
109,253文字
キーワード
伝奇 日常 時代小説 ファンタジー 造園 造園家 傭兵 青年 中年 魔術 魔法 中年男性 庭師 大人のファンタジー

無口な公爵令嬢と冷徹な皇帝~前世拾った子供が皇帝になっていました~

冷酷な皇帝アレクセイは、幼いころ魔獣がいる森に捨てられた。
そこでバケモノのような人間の女に拾われる。女はアレクセイを世話し、育て、互いに幸せな日々を過ごした。
しかし三年後、アレクセイが皇子として連れ戻される際に、女は騎士たちによって殺されてしまう。

絶望のまま成長し、その後戦いに明け暮れた皇子は皇帝の座を得る。
一方、バケモノと呼ばれていた女は生まれ変わり、公爵令嬢として皇帝と出会う。

小説家になろう

珍しく女性主人公、短編だったので読んで見ました。
文字数
78,522文字
キーワード
ハッピーエンド 生まれ変わり 令嬢 不憫

ブサイク王子と武断の姫は将棋をさす

太古の昔の中央大陸。大和王国の第三王子である斑鳩王子と、ギレンシュタイン皇国のリミア姫は、お互いに望まない縁談で出会うことになりました。ブサイクでチビの王子と、美人だけど武断な姫様が出会い、支え合うお話。

小説家になろう

文字数
73,869文字
キーワード
R15 残酷な描写あり ヒストリカル 一人称 ブサイクな王子 美人の姫 ハッピーエンド 戦争 恋愛 123大賞

ブサイクで有名な令嬢と婚約した。彼女はとても可愛らしい性格の人だった。 ~『ゴブリン令嬢』と蔑まれる令嬢に恋した美貌の令息が彼女を幸せにしようと奮闘する物語~

貧乏子爵家四男の私に公爵家から縁談話が来た。お相手は『ゴブリン令嬢』と呼ばれる醜女。婚約相手が見つからず、私に白羽の矢が立ったのだ。爵位の差で断るなんてできない。
だが令嬢自身は破談を目論んでいた。醜女と無理矢理婚約させられた私への申し訳なさからだった。
……放っておけない。女性から蛇蝎の如く嫌われたキモメン。それが前世の私だ。容姿で差別される辛さはよく知っている。人間、大事なのは中身だ。そうだろう?
全てを諦めたように笑う彼女。いつか本当の笑顔で笑ってもらおうじゃないか。そう思って強引に婚約を成立させたが、令嬢はとても愛らしい人だった。彼女に夢中になるのに、そう時間は掛からなかった。

小説家になろう

文字数
146,649文字
キーワード
R15 残酷な描写あり  身分差 ラブコメ 前世の記憶持ち主人公 男主人公 魔法 知識チート ハッピーエンド 溺愛 婚約破棄 女性視点 純愛 シリアス イケメン主人公 公爵令嬢 一途

神の庭付き楠木邸

とある山間にある一軒家の管理人を任された楠木湊。
実はその家、大量の悪霊が巣食う曰く付き物件だった。
しかし着いてすぐ、自覚していない祓い能力であっさりと一掃してしまう。
さして問題なく過ごしていれば、ひっそりと表門前に新鮮な山の幸が置かれていた。
周囲に民家はなく、あると言えばお隣の山だけ。

これは一体、誰からのお裾分けなのか。

もっぱら山の神(大狼)と密な近所付き合い。
いつの間にか増えていく神々と目をつけられた陰陽師との、概ねほのぼの交流+異能力向上物語。

小説家になろう

文字数
116,730文字
キーワード
日常 ほのぼの コメディ 微シリアス 微バトル 異能 神 陰陽師 書籍化 コミカライズ

好きな人を幸せにする能力

異世界転生した結果、原作死亡キャラと出会ってその人生を変えられるとしたら…貴方はどうしますか?

「その人を幸せにしたい!」
「でも主人公の代わりにらぶらぶちゅっちゅするのは、余りにもおこがましいからひたすら遠くから眺めて、幸せな様子を愛でたい!」

これはそんな事を考えてるオリ主君のお話。

※ハーメルン様にもマルチ投稿しています。
http://syosetu.org/novel/192518/

※短編投稿版とは違い連載版です。1話目の内容は変わりません。
【短編版】https://ncode.syosetu.com/n5729fn/

小説家になろう

文字数
176,094文字
キーワード
R15 残酷な描写あり 異世界転生  男主人公 チート 123大賞

いつでも自宅に帰れる俺は、異世界で行商人をはじめました

「このスキルを使えば、俺めっちゃ金持ちになれるんじゃないか?」

社畜として酷使され続けた尼田士郎はブラック企業を辞め、祖母の家へと引っ越した。
引っ越し先が異世界に繋がっていることを知った士郎は、日本の物を異世界に持ち込んで商売することを思いつく。

これは等価交換スキルで異世界の通貨を日本円に替え、ふたつの世界でどんどんお金持ちになっていく心優しい男の物語。

小説家になろう

文字数
133,585文字
キーワード
異世界転移  ほのぼの 商売超繁盛 ハッピーエンド 成り上がり 大金持ち めざせ5000兆円

底辺領主の勘違い英雄譚~平民に優しくしてたら、いつの間にか国と戦争になっていた件~

平民たちに媚を売りまくってたら、懐かれるのを通り越して『反逆者』に仕立て上げられたんだが。殺す気かな?

小説家になろう

文字数
142,618文字
キーワード
R15 残酷な描写あり  冒険 男主人公 ほのぼの ギャグ 魔法 主人公最強 現地主人公 成り上がり 勘違い コメディ デミウルゴス教 ハッピーエンド TS 性転換

俺は何度でもお前を追放する~導きの本、希望の栞~

※あらすじにはネタバレを多数含みます。まずは1話に目を通して頂き、面白そうなら続きを読む、というのを強くオススメします。

 父を魔王に殺され、その仇討ちを誓う青年エリウスは、スキル取得の儀式を終えた夜に

「本来なら魔王討伐には十年の期間が必要だが、取引すれば新たなスキルによって、その年数を五年に縮めることができる」

 と、取引を持ちかけてくる『クロ』と名乗る謎の男と出会う。
 クロの言葉は疑わしかったが、少しでも早く父の仇を討つとともに、魔王軍による犠牲者を減らすためにエリウスは取引を受け入れた。
 そんな彼が手にしたのは

「導(しるべ)」

 という、十五歳から二十歳の人生を何度も繰り返しながら、魔王討伐に必要な因果が何かを発見することのできるスキルだった。
 導の力で何度も五年間を繰り返しながら、聖女や槍の名手といった、強力なスキルの持ち主達と出会い、魔王討伐への確かな手応えを感じるエリウスだったが⋯⋯。

 エリウスは繰り返す中、冒険者としてはハズレスキルだとされる「会計」スキルのエレインと出会う。
 そして「導」により、彼女を自らのパーティーに加入させたのち、追放しなければならない運命だと知る。
 
 追放をきっかけに「数字の支配者」という最強スキルに覚醒し、活躍し始めるエレイン。
 一方エリウスは、周囲から「見る目のない無能」と蔑まれ、落ちぶれる。
 だが、彼女が最強スキルに目覚めるだけでは魔王の命には届かなかった。
 エリウスは更に人生を繰り返しながら、必要な因果を探し続ける。
 彼女を追放し、魔王討伐を押し付ける罪悪感と使命感の狭間で苦しむエリウスだったが、それでも何度も

「ハズレスキルの持ち主はいらない」

 と、彼女を追放する傍ら、自分にできることは他にないかと検証し続けた。
 いつか彼女が、魔王を倒すと信じて⋯⋯。

 そして、彼の苦悩が実を結んだとき「真の物語」への幕が開く。

 これは人々が想いを繋げ、絶望に「小さな希望」を挟み込む物語。

小説家になろう

文字数
129,382文字
キーワード
R15 残酷な描写あり  男主人公 有能ヒロイン 魔王 西洋 中世 追放 死に戻り ループ ご都合主義 非ハーレム 完全版 シリアス ハッピーエンド 主人公は追放する側

魔将軍最弱の俺が、なぜか最強の魔王だと勘違いされている!

 魔王軍幹部の一人、魔将軍ウォーケン。
 
 生まれてから長い間、たったひとりで山籠もり生活を行っていた彼は、ある日それまで見たことも無かった『魔法』を使う美女に出会う。
 その美女こそ、魔族たちの王『魔王』だった。
 この出会いをきっかけにウォーケンは下山し、魔王の部下となる。
 長い間、山で猛獣や魔獣を素手で狩っていたウォーケンは、魔王軍において接近戦は最強。
 だが彼は魔法ついてはとことん無知。

「ほう、俺を倒すとは⋯⋯今のは強力な魔法だな?」
「いえ、初級魔法です」

 なんと、初級の魔法でさえ当たると気絶してしまうほど、魔法を弱点としていた!
 魔王軍の幹部である『魔将軍』に抜擢されたウォーケンだったが、他の魔将軍たちは魔法も得意で攻守のバランスが取れているため、ウォーケンが自分に下した評価は「魔将軍最弱」だった。

 ある日ウォーケンは魔王から、人間たちとの戦争のきっかけになるという『勇者』を捜してこい、と命令され、人間たちの住む大陸へと派遣される。
 見つけるだけで良い、と念を押されたにもかかわらず、遠出が嫌いな彼は勇者を殺してさっさと魔王城へ帰りたいと願っていた。
 しかしその勇者捜索の旅の中で、偶然に偶然が重なって⋯⋯?

「相手は魔王だ! 魔法は盗まれて倍返しされるぞ、使うな!」
「いや、そんなんできないけど⋯⋯」

 これは魔王軍において近接戦闘最強の男が、旅先で出会った気に食わない奴をぶっ飛ばす──本来はただ、それだけだったハズの物語。

小説家になろう

文字数
111,781文字
キーワード
R15 残酷な描写あり  男主人公 魔王 勇者 接近戦のみ主人公最強 勘違い OVL大賞7M コミックスピア大賞1 ネット小説大賞十

スポンサーリンク

コメント